不動産投資 ランキング

物件タイプ別に見る不動産投資のランキング

収益をあげようと、サラリーマンが不動産投資を始めるケースも増えていますが、あまり知識も無い状態で始める場合には情報収集が大事ですので、ランキングを賢く活用しなければなりません。総合的な情報を閲覧すると、人気のある物件タイプの傾向が分かりますが、どのようなタイプでもある程度の需要がありますので、それぞれの特徴を抑えた上で決めることが大切です。大まかな種類としては、戸建て・マンション・アパートなどがあり、初期投資を抑えつつ安定した収益を生み出すことができると言われているのがマンションです。ただし、ここに立地や築年数、現在需要状況などの要素が絡んできますので、安易に決めることはできません。失敗しないためには、総合的に判断することが必要となります。

マンションを選ぶ場合に見ておきたいポイント

総合的な不動産投資ランキングをチェックすると、ファミリータイプのマンションは人気が高いことが分かります。ファミリータイプなら一度入居すれば長く住み続けることが予想されますので、安定した収益を確保できるのがメリットです。同じ区分の中でも上位に入ってくるのは、立地が良くて耐震性に優れた物件が多いので、まずは資産価値の見方を理解しましょう。新築はあまり上位に入らないのですが、それは初期費用が高額になるためにリスクが高いからです。1部屋だけの購入の場合には、入居者が居ないとそのままマイナスになるため、一棟買いを検討することもあります。しかし、利回りは1室だけの場合と変わりませんし、物件全体となれば修繕費用がかさみますので、負担が大きいと感じるようになります。

アパートは周辺環境に左右される

低コストで不動産投資を始めたい時には、アパートのランキングを見てみるのが良いようです。マンションの方が資産価値は高いのだから収益が大きいと考えるかもしれませんが、一棟ごとの割には初期投資を抑えることができますし、空き室のリスクも部屋数でカバーできます。間取りによってはファミリータイプにも対応できますので、空きが出ない優良物件もあるようです。いかに空きを出さないかが安定した利益を確保するためのポイントですが、やはりランキングを見てみると周辺環境が整備されていて施設が充実しているところに人気が集まっているようです。物件を長持ちさせるためにはこまめなメンテナンスが必要ですが、きちんと修繕を行えば長く貸し出すことができますので、悪い選択ではありません。